« May 2004 | Main | August 2004 »

July 30, 2004

塀の向こうの懲りない人たち

渡部さま
みなさま

> 三菱自工とUFJはもっと前に経営者が反省していれば今の破綻にはならなかったであ
> ろう。

いずれも親方日の丸企業だからつぶれなかった。反省もしなかったし、他の民間企業
のような血のにじむようなリストラもやらなかった。国の調査など無視してごまかし続
けた。

銀行は元々その存在が保証されている。三菱自工もいざとなると産業再生機構だとか
いうわけのわからないものが出てきて救済するのだろう。そんなもの助けるからいけ
ないのだ。つぶしてしまえばいい。銀行の場合預金者の預金だけは保証してである。ど
うして国民の血税で、真剣な努力をしない企業を救済するのか。

> 参議院選に敗北しても率先して反省がない首相、疑惑にも沈黙する自民党最大
>派閥の代表、参議院選に立候補した元汚職議員たちは等しく反省を知らない人た
>ちである。

青木とかいう人は一体どういう人なのだろう。安倍とかいう人はもう少しましな人か
と思っていた。与党では勝ったのだから、どこが悪い、って小泉さんはまったく反省な
し。いや、反省なんかする必要はないない。なにがあろうともう後二年は政権は変わらな
いのだからどうでもいいのだ。

この日本の政治のていたらく。どっちが勝つか知らないが、アメリカのあの大統領選
挙のものすごい活気と比べてみたらいい。

>アメリカのイラク侵攻は懸念通りの結果となった。この対策には5年、10年以上も
>かかるであろう

どうしてそんなことがわからないのか。最初からわかっていたことだ。もうどうしよ
うもない状況になっている。

>このような重要な時に政府は偏に低下した内 閣支持率を挽回することしか考えて
>いない。参議院選前のジェンキンス帰国の大騒ぎ な仕掛け、有名選手の官邸へ
>の招待、意表をつこうという内閣改造である。

毎日パーフォマンスばかりやっている。参議院議長に扇さんを抜擢する。あの意味は
マスコミもあまり解説していないが、要するに、自分の意に沿うものはこうなる、反
旗を翻したものへの意趣返しなのである。失いつつある女性からの支持の回復のねら
いもあるのだろう。

内閣改造に当たっては郵政の民営化に協力するか、どうかが人選のポイントだと明
言した。国民の8割が反対している年金改革なんて、もう決まったこと。なにを変え
る必要があるか、というスタンスである。

次から次へと出てくる社会保険庁の不祥事。あんなもの民間人をトップにすえて、
何が改革できるかである。まさに一度ぶっ壊すしかない。が、あのお方そんなことは
絶対しない、できない。

自民党はみな俺のいうことを聞いて協力してくれるようになった。今は民主党が抵抗
勢力だ、といい出した。オーマイゴッド!

tad

以下渡部氏のMLへの投稿

----- Original Message -----
From: "Akira Watanabe"
To:
Sent: Thursday, July 29, 2004 7:21 PM
Subject: [PC:05081] 反省を知らない人たち


みなさん三菱自工とUFJはもっと前に経営者が反省していれば今の破綻にはならなかったで
あろう。

参議院選に敗北しても率先して反省がない首相、疑惑にも沈黙する自民党最大派閥
の 代表、参議院選に立候補した元汚職議員たちは等しく反省を知らない人たちであ
る。特に気になるのはイラク問題である。日本が同盟国としてアメリカを支持したこと
は 正しい。しかし大量破壊兵器の存在、9・11事件と旧イラク政権との関係がなかっ
たこ とが判明した現在,首相は状況の変化に対して自らの所信を述べる義務がある。ア
メ リカ大統領選の結果を待つのではおそく、今やるべきである。アメリカのイラク侵
攻 は懸念通りの結果となった。この対策には5年、10年以上もかかるであろう。日
本 はどのようにこの問題に対処するのか。このような重要な時に政府は偏に低下した
内 閣支持率を挽回することしか考えていない。参議院選前のジェンキンス帰国の大騒
ぎ な仕掛け、有名選手の官邸への招待、意表をつこうという内閣改造である。

このまま無反省状態が続けば、三菱自工のような一企業の破綻ならいざ知らず、わ
が 国の将来はどうなるであろうか。

渡部 陽
Akira Watanabe
http://www10.ocn.ne.jp/~awjuno/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

覆水盆に返らず

英語格言集から。

It is no use crying over spilit milk

覆水盆に返らず、ミルクがこぼれてしまったからと泣いて
どうなるものではない。

さて、どんなイラストを作ろうかと考えたが、結局文字
通りのものになってしまった。

tad

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2004

風見鶏

風見鶏

昨日の英語MLで「女はごころと秋の空」なんて書いたら、
そうだそうだという意見と、いや男だって同じ。男だって
くるくる風見鶏のようにそのこころが変わるというコメント
があった。

私もいどちらかという後者、すなわち男だってその限りにお
いては同じ、とコメントしたのだった。

いや、世の中の風の流れによって、その考え方が変わったり
行動を変えたりすること自体、何も悪いことではない。問題
はその内容ではないか。

それが、世の基本的なルール、や道徳規範、ルール、法律など
にかかわること、その変更に関することであれば、そのこころ
変わりは困る、というか、きちんとその内容を考えた上で
判断して欲しいということだ。

tad

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2004

女こごろと秋の風

英語格言シリーズも82まできた。

今日は「女ごころと秋の風」だ。
英語では A woman is a weathercok という。風見鶏である。

有名な歌も一緒に。

tad

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2004

好きなものを好きなように

もう2週間ほど前になるが、MPC(村山パソコンクラブ)で、いつものパソコンでなく、陶芸体験教室を開いた。課外活動と称して。20名近くの人が参加したが、みな楽しそうにやっていた。これはその風景写真の一枚。原さんは午後英語クラブの講師を務めるということもあったのだが、はるか遠方より参加され楽しそうに粘土細工を楽しんでおられた。

そう陶芸ではなく粘土細工である。同じ陶芸といってもさまざまなレベルがあろう。でも私自身はその原点は粘土細工であるし、それでいいと思っている。

私も同じようなものを作りたかったが、原さんのように自由闊達にできなかった。やはり不器用なのである。

その課外活動の様子はこちらです。

7月15日陶芸教室

tad

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2004

ボランテイア

新潟や福井の大洪水のニュースを見ていて、その災害にあわれた方たちは本当に
お気の毒だと思いました。

ただその後の復旧活動の様子を見ていて、感動したことがありました。泥に埋まった
家から人力で泥を運びだしている若者ボランテイアの姿、それに昨日は小学生
まで加わって、バケツリレーでそれをやってくれるのを見て、被害者の方が手を合わ
せんばかりにして、感謝の念を述べているシーンがありました。

その若者たち、どこから集まったのか知らないけれど、誰が指示しているわけで
ないのに実に整然とてきぱきとやっているわけです。いつ彼らはそんな訓練を受けた
のでしょうか。そんなわけはない。こうした場合さすがの行政側いつもと違う。ちゃん
と分担をわきまえて、そうしたボランテイアの交通の便などの手配をしているわけです。

いや、たいしたものだと思いました。こういうのを「災い転じて福となす」というので
しょうね。戦後日本が廃墟から国民が一致団結見事大経済復興を成し遂げま
したが、やはり国民はこういう不幸に直面して始めてその真の力を発揮するものだ
と感動して見ていました。こういう若者がいる限り日本はまだ大丈夫です。

蛇足ですが、それと対照的なシーン。小泉さんがそれらしい服装をして被災地
新潟を視察し、激励しているシーン。小泉さんを見て、被災者が声を掛ける。
「首相、首相、頼みますよ、早くなんとかしてね。いつも応援してんだから・・・・・」
うんうんとうなずき、手を振りながら通りすぎていく小泉さん。そして帰京後官邸
でそれぞれの担当大臣を呼んで、万全の措置をとれ、との指示を与える。
もちろんそれで結構だ。ただし、そこにある意図もなにか見え見えですね。

ボランテイアの活動にはなんのパーフォマンスも計算もない。世の中、カネや権
力だけで動くのではない。なにかといえばまずそれを動かそうとうする世の中の風
潮、それに相変わらず頼り、ぶら下がろうとする人たち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2004

一分将棋

オンライン将棋を始めるとおもしろくてやめられなくなる。
今日も3時間近くやってしまった。

結果は5勝、5敗。

tad

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | August 2004 »