« もし日本がミサイル攻撃されたら | Main | 米軍司令部が日本に来ること »

February 08, 2005

BLOGって何?

netrrr
MPC(村山パソコンクラブ)の10日の例会では3日のそれに続き、BLOGをテーマとして採り上げていますが、まず今
はそれを作成し、その使い方、やり方を覚えることが前提です。が、しかしそのこと自体別にたいして難しいことでもなんでもない。

問題は一体毎日何を書くか、です。是非やってみましょうと言うと大抵返ってくる答えは、「いや、やってもいいが、書くことがない、書くことに困るのではないか」というのがその代表的な答えでしょうか。いや別に毎日でなくてもいい。一週間に一度でもこれということがあれば書いてみる。それでいいわけです。

昔からたぶん子供の頃はもちろん学生、社会人になっても毎年日記を書こうとしたが途中で挫折してきたものです。しばらくは続くが、いつのまにかやめてしまう。たしかに書くこともないし、ただただ毎日の生活の記録みたいなものではそれ自体マンネリになり、いやになってしまうということもあるでしょう。

が、それがインターネット時代になってネット日記なるものを始めてから、それでも比較的よく続くようになった最大の理由は、やはりこれを一端始めてしまった限り、誰かがそれを毎日見ている、などと言われてしまうと、もう何が何でも続けざるをえないということになります。すなわち、コミットメントが生じてしまうということです。

それがまた確かに苦痛となるのですが、しかしそのおかげでなんとか続けられる。そしてその苦痛が段々ある意味で楽しみとなってくるということになります。楽しみという域にはなかなか達せられないかもしれませんが、毎日さあ今日は何を書こうかということを考えること自体がさまざまな意味で自分の生活にとって大変役立つ、より意味のあることになってくることは言うまでありません。

関 陽子さんにはそれを始めた動機や、今それを続けていっている意味、またある意味でのそれで感じることのできる楽しみや充実感のことを話していただきましたが、大いに参考になったのではないでしょうか。

私の場合、幸いなことにMLのことや、クラブのことがあるので、話題には全然困ることがありません。自分のことより、人さまのものを引用して載せることにも全く抵抗感はありません。いいもの、おもしろいもの、自分とは違う意見を載せ、それについて自分自身のの意見を書くことなど、大変いいことだし、意味のあることだと信じています。これは決して他人の「XXX」で相撲を取っているのではない。

人さまのものを黙って引用することはいけませんが、それを引用して、同意できる部分自分の意見と違う部分などに書くことは大変いいことだと信じて疑いません。自分だけの一人よがりも大いに結構ですが、BLOGにせよ、MLにせよ、やはり、一方通行でなく、そこで行われるキャッチボールがおもしろい、楽しいのだと私は思います。

そういう意味でも、MLのほか、BLOGでそのコミュニケーションの輪をさらに大いに広げて行ければと思っているものです。

早勢 直

|

« もし日本がミサイル攻撃されたら | Main | 米軍司令部が日本に来ること »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26821/2847085

Listed below are links to weblogs that reference BLOGって何?:

« もし日本がミサイル攻撃されたら | Main | 米軍司令部が日本に来ること »