« @nifty:NEWS@nifty:終身、年功制の支持増える(共同通信) | Main | @nifty:NEWS@nifty:郵政法案概要作りに着手…関係閣僚、3日に首相へ報告(読売新聞) »

April 02, 2005

エィプリル・フール

今週の意見(415):

エィプリル・フール

 昨日はエィプリル・フールだった。欧米では毎年これにまつわりちょっとした事件が起こる。うそ、流言ひごのたぐいで大騒ぎになるわけだ。今年はたいした話題もなく無事済んだようだ。そうした実害が生じるような行き過ぎたいたづらは困る。しかし欧米社会ではまあそれも笑って済ませるわけだ。これもそれもギクシャクした社会の緩衝剤としてのジョーク、ウイットというものを大切にする社会的文化的背景があるからだろう。

 日本でも最近はそのエィプリルフールなるものが浸透してきて、少しは話題になるが、あまりいたづらをしかたたりする人もない。昔私はあるアメリカの企業に勤めていたことがあるが、トップのアメリカ人経営者がエィプリル・フールの前日私にちょっとしたいたづらを仕掛けようと相談を持ちかけた。彼の秘書や、何人かの女性をちょっとからかういたづらであった。それは今の言葉でいうセクシャル・ハラスメントでもなんでもない、ほんの軽い冗談であると私も思った。私は彼に協力して、4月1日当日、わざわざ早朝出勤して、そのいたづらを仕掛けたわけだ。

 そしてその秘書を含めて、出勤してきた女性事務所員たちはそれを見て一応にみな面白がるどころかカンカンになって怒りだしたのである。そのボスと共犯者の私は、しかたなく「すみません」と謝ったのだが、その後数日事務所内にしらけた空気がただよったことは言うまでもない。

 そのボスはもちろん私の感覚ではそんなこと、みな笑って済ませるだろう。いやむしろ拍手喝采しておもしろがるだろうと思ったが全然違ったわけだ。いやその時はじめてそれがいいとか悪いとかでなく、これは欧米人と日本人のウイット、ユーモアといったことに対する根本的な感覚の違いにに由来するものだと自覚したわけだ。

 たしかにおもしろい冗談と悪い冗談は紙一重のところがある。私に言わせると常日頃、どちらかというともっとひどいというか、直接的などぎつい男性の冗談やからかいに怒りもしないくせに、どうしてそうしたより軽いというか、ウイットに富んだ冗談に怒りだすのが私自身わからなかったということであった。

 いや、それを一言で日本と欧米文化の違いだと片付けてしまうのでなく、どうしてそういうことになるのか、よく考えてみたいとエィプリル・フールがくる度に私はそのことを思い出すのである。

2005/4/2
早勢 直

|

« @nifty:NEWS@nifty:終身、年功制の支持増える(共同通信) | Main | @nifty:NEWS@nifty:郵政法案概要作りに着手…関係閣僚、3日に首相へ報告(読売新聞) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26821/3530793

Listed below are links to weblogs that reference エィプリル・フール:

« @nifty:NEWS@nifty:終身、年功制の支持増える(共同通信) | Main | @nifty:NEWS@nifty:郵政法案概要作りに着手…関係閣僚、3日に首相へ報告(読売新聞) »