« June 2005 | Main | August 2005 »

July 30, 2005

日本の外交姿勢

今週の意見(432):

日本の外交姿勢

 日本、ドイツ、ブラジル、インドなどがG4なるものを組んで、国連改革、安保理の常任理事国入りをめざしてているがどうもうまくいっていないようだ。 一度AUとの共同提案も報じられたが、これもAU内で意見が分かれていてうまく行っていない。G4が提出する決議案は到底2/3の賛成を得て可決成立するかどうか難しい情勢である。

 町村外務大臣が、日本の国連拠出金の大きいのに安保理常任理事国になれないと国民の理解が得られないと、なにか泣き言みたいなことを言っているようだが、みっともないというべきだろう。

 本件に関して政府や外務省が必死になってやっている割には国民の方は無関心のようである。すんなり、常任理事国になれたら、それにこしたことはないが、ダメならダメでどうということない、というのが一般国民の冷静な受け止め方ではないのだろうか。そもそも安保理の常任理事国になる意味がどこにあるのか、どうも国民に十分の説明がないまま、そのことだけが一人歩きしてしまった感がぬぐえない。
 
 日本の常任理事国入りにはお隣の韓国や中国の反対、ドイツは同じEUのイタリヤ、インドはやはり隣のパキスタン、ブラジルは同じ南アメリカのアルゼンチンなどの強い反対がある。それはそうだろうと容易に想像されることだ。日本の場合韓国、中国の反対はいいとして、本件ではわざわざイタリヤや、パキスタンまで敵に回してしまうことになっている。

 国連改革が必要であることはわかる。その一環として安全保障理事会の構成を変えるべきだという考えもわかる。しかし、今回のG4なるもののアプローチは戦略的にいかにもまずいというか、下手だという感じはまぬかれないのである。

 日本のようないかにも自己主張の弱いというか、ない国が、こんな複雑な国際情勢の中でしかも安全保障理事会などの修羅場で本当に常任理事国としてやっていけるのか、そのことがまず問われなければならない。

 そういえば北京で始まった6カ国協議もそうだ。日本が拉致問題を協議の一つとして取り上げようとしても米を除いては他国からは歯牙にもかけられない状況である。ロシア、中国などに言わせればそんな問題は北朝鮮との間ででやれという。それはそうではないのか。それが日本国家の威信をかけての重要事なら他の国を巻きこまないで二か国でやればいい。

 北朝鮮が協議にも応じないようななら、経済制裁を発動しても自己主張を通す強い態度で臨むべきなのだ。そういう態度がないからなめられるのだ。国連改革だってそうである。日本がなぜ常任理事国にならなければならないのか、またドイツやインド、ブラジルとはちがった日本としての自己主張があるはずである。日本として独自の平和憲法路線を訴え、安保理の中でその立場を主張する方が世界各国からの支持を得ることの可能性が高いような気がする。そうした自己主張を一人で正々堂々できないのなら、常任理事国になることなどあきらめた方がいいい。またその資格もない。

2007/7/30
Tadashi HAYASE

| | Comments (1) | TrackBack (1)

July 23, 2005

解散総選挙

今週の意見(431):

解散総選挙

 郵政法案はわずか五票差でかろうじて衆議院通過し、参議院で審議中である。与党から18人の反対がでれば法案は否決される。またその可能性が極めて高いようである。小泉首相は法案が否決されたら、衆議院の解散を示唆している。参議院で否決されたら、衆議院を解散というのは理屈に合わない、憲法違反だというのが与党反対派の言い分だ。小泉内閣は責任をとって総辞職というのが筋だという。

 小泉首相が何がなんでも反対派を押さえて、この法案を成立させたいのは当然だ。なんで郵政法案にそこまでこだわるのか国民には一向にわからないが、それが最重要な政治課題としてきたのだから、それが与党内の造反によって否決されたら、衆議院を解散して国民の信を直接問うというのは、それはそれで筋が通っているとい
うしかしない。

 与党反対派は総理総裁が一番大切だとしている法案を否決するなら解散するぞと威されて、それは解散権の乱用だなどということの方がおかしい。自分たちはその政治的信念で法案を葬りさろうとしているのだから、総理の方もそれなら解散だというのはそれで筋が通っていると言わざるを得ない。というか、いかなることであれ、国会で重要案件の決着がつかないなら、最後は総選挙で国民の民意を問うというのは民主主義の大原則なのだ。

 たしかに郵政どころか、今国政には大きな政治課題が山積している。しかしそんな時に解散などやって国政を停滞させられるかなどという与党反対派の言い分は極めて身勝手である。ここでまた訳の分からない妥協をはかり、郵政法案を含めて他の重要案件の問題先送りをはかるのでなく、さっさと解散をして政権交代の可能性を含めて国民の信を問うしかないのだろう。

 民主主義実現のためにそうした大きな時間的ロスと経費の無駄はしかたがない。というか、あんなわけのわからない政争を延々と続けていることこそ最大の時間とコストの浪費である。

 私は郵政法案参議院否決、衆議院解散、総選挙、そして自民党大敗、野党民主党中心の新政権発足というのがこれからの日本の民主主義の発展のために今一番必要な筋書きではないかと考える。

 蛇足ながら断っておくが、本来私は民主党の支持者などでは全然ない。

2005/7/23
早勢 直

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2005

今週の意見(430):

夏祭り

 自治会の仕事を始めてから3ケ月ほど経つが、年一度の一番大きなイベントといっていいのだろう、自治会夏祭りが来週の土曜日に迫った。4月に自治会の新役員会が発足して以来、関係役員総動員でその準備に取り組んできた。自治会のほか、子供会、老人クラブ、地域周辺の企業、周辺の自治会などの協力も得なければならない。自治会の役割仕事の中でも地域住民全員参加という点では一番わかりやすいイベントではある。

 自治会の活動の中で、住民の生命財産を守ることということでは防災、防犯のことがある。これらについては、住民の方の参加や、関心が当初の想像より案外低いということがあっても必ずやらなければならないことだし、やる方としてもその大義名分をかかげ、参加を呼びかけることもやりやすいことである。しかし、誤解を受ける言い方かもしれないが、それはやっていてもお互いあまり楽しいことでない。

 その点では夏祭りは子供たちやお年寄り、大人も子供も楽しめる年一度のイベントなのである。昔ながらの盆踊り、フォークダンス、フラダンス、カラオケなどの自治会内の学校のクラブ、自治会内の各種クラブの催しものへの参加がある。それら団体、地域の企業、自治会自体の出店による金魚すくい、綿菓子、やきそば、ビール・ジュースの販売といったお祭りにつきものの出店は子供も大人も楽しめるはずだ。

 祭りの最後には、今年は思い切ってその賞品を増やしたのだが、くじ引きもある。当たるといってもたいしたものではないかもしれないが、それを楽しみにちょっと行ってみようかという人もいるはずである。いずれにせよ、自治会がやらなければならない伝統行事の中でも一番わかりやすい、だれもが一番参加しやすい、それを通じて自治会内はもちろん周辺となり同士の自治会とも交流の機会がもてるイベントなのである。

 ただそれだけにその準備はいかに大変か、今年それを主催する側にたってみてわかった。まず公園の使用許可、衛生管理に関する監督官庁からの許可、会場設営、催しもの、出店の企画、当日の交通整理などなどその準備は実に多岐にわたる。しかしそれを一つづつクリアしていく中で、別の意味で地域の生活が実はいかに多く
の自治体の諸部門、警察、消防署などに支えられているかということも改めて気づくのである。

 日本人はお祭りが好きである。テレビ毎日全国各地の昔からの伝統的な祭りを報じている。その経済効果は実に大きいものがあるはずだ。そのこともさることながら、それを主催する側、参加する側、それぞれの立場でそれを盛り上げ築きあげていくプロセスそのものに大きな意味があると私は考えている。

 世界の中にはお祭りどころか毎日の食べ物にさえこと欠いている国々がある。テロと内線に明け暮れているところもあるのだ。日本は平和ボケといわれるかもしれないが、しかし少なくともそれで他の世界の人々に迷惑をかけているものではない。みなさんもどうして同じようにできないのですかと言いたいところもある。

 まあそんなことはともかく、今はただ年に一度すべてのことを忘れ、お互い楽しめるお祭りになって欲しいと願うばかりなのである。

2005/7/16
早勢 直

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2005

ロンドンアイ

Londoneye

Google Earth のことを2,3日前に書いたが、そのベータ版がリリースされていたのでダウンロードして使ってみた。前のGoogleMapsより、地上画面が3Dで見れるようになっている。夢中であちこち見てしまった。自分の家も
以前のものよりより大きく見える。

これはその一例。ロンドンアイ。去年今ごろ行ったところ。ロンドンは今それどころではないのだろう。おそらくここも
閉鎖されているにちがいない。

早勢 直

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 10, 2005

今週の意見

今週の意見(429):

グローバルビューと地上の現実

 先週のMPCML(村山パソコンクラブメーリングリスト)の一番の話題はなんと言っても、衛星からみた地球の画像写真のことだった。世界中の有名な観光地や都市の衛星からの画像が見える。最高の精密度に上げると、都市の場合、ビルや道路場合によっては車や歩いている人まで見える。

 自分の住む街を見ていると自分の家自体や、その周辺の学校、公園なども確かめることができる。ある会員の方が紹介してくれたサイトだが、以来夢中になってこれまで旅してきた世界の各地を見て歩いたわけだ。この画像サービスはさらに進化してより明細に、しかも3Dで見れる無料のサービスがまもなく登場することを知って今か、今かと待っている状況なのである。

 二日前丁度昨年の今ごろロンドンを旅したことを思い出した。ロンドンの地図が多少頭に残っていたので、それを頼りにロンドンや、その他の訪問した地域を見ていたころ、あの忌まわしいテロ事件が起こったのだった。偶然のことだったがびっくりした。

 宇宙から眺める地球は緑と青で満ちている。そこからパソコンの画面にあるスケールを上の方にスライドしていくとどんどん地球に近づき、地上に近づいていくわけだ。そして最後は地上の様子がくっきり見えるようになる。それとともに、地上に住む人間社会、人種、宗教、国家間のありとあらゆる争い、戦争、紛争、テロを思い出すのである。今見ているのは単なる静止画だがそのうちリアルタイムで戦争の様子なども見れるようになるかもしれない。

 ロンドンから戻ってもう一度我が街の様子を見ているうちに思った。今この街は平和である。しかしこれから先、どんな自然災害さらにテロという災難にだって何時遭遇するかわからない。第一米軍の横田基地はすぐ目と鼻の先なのである。ここがいつテロの標的となるかわからない。いや、あの国から核弾頭ミサイルが飛んでくるかもしれないのだ。

 すばらしい宇宙からの眺め、そして地球に近づき、地上を見た途端直面するこの現実。私は思わずその皮肉に戸惑いを感じたのだった。

2005/7/9
早勢 直


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2005

ロンドン当選

2012年のオリンピック開催地がロンドンに決まった。ああそうですか、ということだが、これには相当興味があった。後のニューヨーク、モスクワ、そしてなんといってもパリが招致をめぐって厳しい戦いを演じていたからだ。さあこれからサミットという時に本件に関しそれぞれ首脳はどういうあいさつを交わすのか興味深い。

もう一つの興味は国連常任安保理理事国をめぐってのG4と他の国々、地域の戦い。こちらも国威、メンツの掛かった戦いである。

この二つの争いを見ていると、それぞれの国、地域の利害が実に複雑にからみあっていることがよくわかる。日本にとってしゃくの種はこの国連改革をめぐって中ロがG4の改革案に反対に回っていることだ。ロシアはフランスとドイツともある種の連合を組んでいる。イギリスはアメリカとそして日本と・・・しかしアメリカはG4の案には反対で・・・・。

いやはや、何がどうなっているのかよくわからないが、その中で日本がどうなっていくか、どう行動すべきか本当に複雑怪奇なる国際情勢ではある。

早勢 直

| | Comments (1) | TrackBack (2)

July 06, 2005

@nifty:NEWS@nifty:郵政法案5票差の衆院通過、自民亀裂で参院審議難航も(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:郵政法案5票差の衆院通過、自民亀裂で参院審議難航も(読売新聞).
よくもまあここまでもめて、それでもあきらめないでやるものよ。
その執念を他のことに向けてくれればいいのだが。
早勢 直

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2005

すごいなあ!

MPC(村山パソコンクラブ)の望月さんが、世界中の衛星画像がみれるサイトを紹介してくれた。早速あちこち見たのだが、やはり自分の家がそれでみれるかどうか一つ関心のまと。

村山周辺の衛星画像

大体確認できたという程度だったが、これはすごい!

早勢 直

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2005

リフォーム詐欺

今週の意見

 よくもまあ次から次へと詐欺事件が起こるものだ。おれおれ詐欺もまだまだ新手で起こっているようだが、今度は家が危険であちこちリフォームが必要だともちかけ、不要なみせかけ工事をやって高い費用をふっかける詐欺があちこちで発生している。二百万、三百万とふんだくられる被害が続発しているという。

 おれおれ詐欺もそうであるが、このリフォーム詐欺も人の不安、恐怖につけこみ金をだましとる行為はまことに許しがたいものがある。どうしてあんな詐欺にやすやすと乗ってしまうのだろうとたしかに不思議に思うのだ。人によってはそんなだましに遭う方が悪いとでもいいかねない風潮は実に困ったものだ。

 投資関係の詐欺も絶えない。先日摘発された投資会社がそうだった。わけのわからないもうけ話をもちかけ金を集める。被害に遭うのは、せっせと老後のために貯めた金をほとんどむしり取られてしまうお年寄りが多いことも特徴の一つである。長低金利時代なんとかその預貯金を少しでも増やしたいとワラにもすがる思いで、そうした偽の投資話に乗ってしまうのも無理からぬことだ。そんな欲目があるからいけないのだ、などとコメントする人もいるが、とんでもない話である。そうした人の弱い心につけこんで、なけなしの老後資金をだましとろうなどというやからは全く許し難い。

 そんな見えすいた詐欺になど自分は絶対にかかるものか、と身構えていても、相手はまさにだましのプロ、一瞬のこころのスキをついてくるのだ。自分自身考えてみても自分ほど慎重であり、思慮、判断力も十分だと思っていても、いざ緊急事態を目の前に設定されると一瞬目の前が真っ白になるのだろう。ましてやそれが娘だ孫だとからんでくると気持ちが動転して前後のみさかいがなくなってしまうのはわかる。

 そうした犯罪に対する現刑法の量刑が一般的にどんなものなのか、よく知らない。単なる想像だが、殺人、傷害といったものよりかなり軽いのではないかと想像されるのだ。

 それを殺人、傷害などと比べる意味はあまりないとおしゃるかもしれないが、考え方によっては人をだますという行為、しかも人の弱みにつけこんでそれをやるというほど卑劣なものはないと思うのだ。お金が欲しいと思ったらそのためにみな汗水垂らして働く。正当な努力をしてはじめてそれが得られるのである。この人間社会は誠実にまっとうに生きる人間によって成り立っているのである。今の世の中、裏切りと失意が満ちているのはそうしたまっとうに誠実に生きる人がきちんと守られていないからだ。

 人をだます行為など、重大な罪であるという道徳規範をもっと確立することが大切だが、それでも多発する詐欺事件を少しでも減らすためには、刑法の大幅改正、詐欺関係の犯罪の量刑を思い切り重くすることが一つ必要であることはまちがいない。

2005/7/2
早勢 直

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »