« 今週の意見(427): | Main | すごいなあ! »

July 02, 2005

リフォーム詐欺

今週の意見

 よくもまあ次から次へと詐欺事件が起こるものだ。おれおれ詐欺もまだまだ新手で起こっているようだが、今度は家が危険であちこちリフォームが必要だともちかけ、不要なみせかけ工事をやって高い費用をふっかける詐欺があちこちで発生している。二百万、三百万とふんだくられる被害が続発しているという。

 おれおれ詐欺もそうであるが、このリフォーム詐欺も人の不安、恐怖につけこみ金をだましとる行為はまことに許しがたいものがある。どうしてあんな詐欺にやすやすと乗ってしまうのだろうとたしかに不思議に思うのだ。人によってはそんなだましに遭う方が悪いとでもいいかねない風潮は実に困ったものだ。

 投資関係の詐欺も絶えない。先日摘発された投資会社がそうだった。わけのわからないもうけ話をもちかけ金を集める。被害に遭うのは、せっせと老後のために貯めた金をほとんどむしり取られてしまうお年寄りが多いことも特徴の一つである。長低金利時代なんとかその預貯金を少しでも増やしたいとワラにもすがる思いで、そうした偽の投資話に乗ってしまうのも無理からぬことだ。そんな欲目があるからいけないのだ、などとコメントする人もいるが、とんでもない話である。そうした人の弱い心につけこんで、なけなしの老後資金をだましとろうなどというやからは全く許し難い。

 そんな見えすいた詐欺になど自分は絶対にかかるものか、と身構えていても、相手はまさにだましのプロ、一瞬のこころのスキをついてくるのだ。自分自身考えてみても自分ほど慎重であり、思慮、判断力も十分だと思っていても、いざ緊急事態を目の前に設定されると一瞬目の前が真っ白になるのだろう。ましてやそれが娘だ孫だとからんでくると気持ちが動転して前後のみさかいがなくなってしまうのはわかる。

 そうした犯罪に対する現刑法の量刑が一般的にどんなものなのか、よく知らない。単なる想像だが、殺人、傷害といったものよりかなり軽いのではないかと想像されるのだ。

 それを殺人、傷害などと比べる意味はあまりないとおしゃるかもしれないが、考え方によっては人をだますという行為、しかも人の弱みにつけこんでそれをやるというほど卑劣なものはないと思うのだ。お金が欲しいと思ったらそのためにみな汗水垂らして働く。正当な努力をしてはじめてそれが得られるのである。この人間社会は誠実にまっとうに生きる人間によって成り立っているのである。今の世の中、裏切りと失意が満ちているのはそうしたまっとうに誠実に生きる人がきちんと守られていないからだ。

 人をだます行為など、重大な罪であるという道徳規範をもっと確立することが大切だが、それでも多発する詐欺事件を少しでも減らすためには、刑法の大幅改正、詐欺関係の犯罪の量刑を思い切り重くすることが一つ必要であることはまちがいない。

2005/7/2
早勢 直

|

« 今週の意見(427): | Main | すごいなあ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26821/4794143

Listed below are links to weblogs that reference リフォーム詐欺:

« 今週の意見(427): | Main | すごいなあ! »